S
ave 
Animals  
Love Animals
NPO SALA NETWORK

  動物に関する法律【第五章 罰則 】

HOME
HOME S A L A 概 要 S A LA ニ ュ ー ス 里 親 募 集 会 員 募 集 F A Q ご 寄 付 リ ン ク
Home動物に関する法律  >第五章 罰則
題名 第五章 罰則
投稿日 : 2004/08/22(Sun) 04:38
投稿者 sala
第27条  
 1・愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、一年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。

 2・愛護動物に対し、みだりに給餌又は給水をやめることにより衰弱させる等の虐待を行つた者は、30万円以下の罰金に処する。

 3・愛護動物を遺棄した者は、30万円以下の罰金に処する。

 4・前3項において「愛護動物」とは、次の各号に掲げる動物をいう。
1.牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる

2.前号に掲げるものを除くほか、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの


第28条
第12条第2項の規定による命令に違反した者は、30万円以下の罰金に処する。

第29条
次の各号のいずれかに該当する者は、20万円以下の罰金に処する。
1.第8条第1項又は第9条第1項の規定による届出をせず、又は虚偽の届出をした者
2.第13条第1項の規定による報告をせず、若しくは虚偽の報告をし、又は同項の規定による検査を拒み、妨げ、若しくは忌避した者

3.第15条第2項の規定による命令に違反した者


第30条
法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関し、前3条の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対して各本条の罰金刑を科する。

第31条
第9条第2項又は第10条第2項の規定による届出をせず、又は虚偽の届出をした者は、20万円以下の過料に処する。

Top 

Home動物に関する法律 >第五章 罰則
HOME SA L A 概 要 S A LA ニ ュ ー ス 里 親 募 集 会 員 募 集 F A Q ご 寄 付 リ ン ク
個人情報の取扱について

当ホームページの記事・写真及び画像データを無断で使用・転載する事を堅くお断りいたします。
Co
Copyright ©2000~
  NPO SALA NETWORK All Rights Reserved
E-Mail: npo@salanetwork.or.jp