S
ave 
Animals  
Love Animals
NPO SALA NETWORK

   A . D . I.会 則
 (アシスタンス・ドッグ・フォー・インデペンデンス)

HOME
HOME S A L A 概 要 S A LA ニ ュ ー ス 里 親 募 集 会 員 募 集 F A Q ご 寄 付 リ ン ク
Home>A.D.I.会則

ADI概要
ADI会則
ADI育成基金
ADI 会則

 名 称
Assistance Dogs for Independence

 略 称
ADI(エー・ディー・アイ)

 趣 旨
障害者や高齢者の自立を助ける犬達(ASSISTANCE DOGS)の育成。 SALA(Save Animals Love Animals)NETWORKのASSISTANCE DOGS PROGRAMを母体として設立され、保護犬の中からの育成を主目的とする。

 本 部
東京都府中市是政4-8-12
TEL042(362)3400/FAX042(362)3412

 事務局
同上。
会の事務及び広報の拠点として事務局を置き、事務局スタッフで運営する。

 代 表
代表権を持つ。
動物の保護・飼育・犬猫の生体取扱・関連法規等に精通、対処できる事とする。

 事務局長
会及び事務局の意見を代表し、広報担当を兼任する。

 相談役
専門的知識や助言を提供することが出来る。
会の運営には携わらない。

 法律担当
会の運営に関する全ての法律的トラブルに対応し、善処する。

 理事会
代表・事務局長・医師・コーディネーター・チーフクルーで構成。

 構 成

A決議権有り 代表・事務局長・コーディネーター・クルー(正会員)

B決議権なし 相談役・法律担当・賛助会員・訓練士・医師・団体会員・企業会員・非会員のボランティア・パピーライザー等


 シェルター
各地に出来るだけ数多く「一時預かり家庭(パピーライザー)」を求める。 各地に出来るだけ数多く「終生預かり家庭(シニアライザー)」を求める。

 技術協力者
獣医師・動物看護士・訓練士・トリマー・医師の有資格者(研修者可)通訳・翻訳などの協力を、多数確保するように務める。

Top 




詳  則
 
  1. 原則として会員組織で活動、会費・寄付・事業収入によって運営される。

  2. 理事会は3分の2以上の信任で代表・事務局長・会計を選任。各々理事を兼任。

  3. 理事会事務局員・編集委員各3名を選出。事務の処理並びに会報作成にあたる。

  4. 理事会は会則の改定に際し、クルー各位の委任状を請求しなければならない。

  5. 各会員は広く世間に実情を知らせ、活動及び支援の輪を広げるよう務める。

  6. 各会員は会の維持・運営に協力し、活動・行事にも積極的に参加する。

  7. 各会員は自分の特技(運転・医療・技術等)を会の活動・維持・運営に活用する。

  8. 原則として年2回会報「ADIニューズ」を発行し、年1回会員名簿を編纂する。

  9. 毎年4月から翌年3月を1年度として会費を徴収。会の維持運営を行う。


Top 


会員構成及び会費
 

クルー
1口 年額¥5.000円  普及・育成のスタッフとして参加。

サポーター
1口 月額¥1.000円  訓練費・食費・医療費・活動維持費の負担。

AD育成基金
1口   ¥5.000円  広く一般から募集。


母体の「SALA NETWORK」は動物愛護の精神に元図期、逸走・放棄・被災等により飼い主の手を離れた犬猫の保護・育成・譲渡を目的とし、会員組織で構成。会費及び寄付・事業収入によって運営。参加に青少年の動物愛護精神と情操教育を主目的とする「SALA JUNIOR CLUB」を擁する。一方、高齢化社会と障害を持つ人々の自立を助ける一助として、保護権の中からの「介助犬・聴導犬の育成と普及」を目的とする「アシスタンス・ドッグス・プログラム」を有する。

Top 

Home>A.D.I.会則
HOME S A L A 概 要 S A LA ニ ュ ー ス 里 親 募 集 会 員 募 集 F A Q ご 寄 付 リ ン ク
個人情報の取扱について

当ホームページの記事・写真及び画像データを無断で使用・転載する事を堅くお断りいたします。
Co
Copyright ©2000~
  NPO SALA NETWORK All Rights Reserved
E-Mail: npo@salanetwork.or.jp